本文へ移動

大切なお知らせ

当会における新型コロナウイルスの発生状況と対応について

 令和3年5月26日(水)、当会に勤務する職員1名(訪問介護事業所 ヘルパー)の新型コロナウイルス感染が確認されましたので、お知らせいたします。

 当該職員は家族感染者の濃厚接触者であり、保健所の指示に従い感染確認前から自宅待機しておりましたので、濃厚接触者に該当する利用者の方及び法人職員はおりません。

 このような状況により、利用者の方やそのご家族の方々、地域の皆さまには多大なる心配とご迷惑をおかけしておりますが、今後も保健所等と連携を取りながら徹底した感染予防に努めて参りますので、皆さまのご理解ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う、生活福祉資金(緊急小口資金・総合支援資金)特例貸付について

生活福祉資金特例貸付のご案内(対象者が拡がりました)

生活福祉資金とは、各都道府県社会福祉協議会が低所得世帯等に対して、生活費等の必要な資金の貸付け等を行う制度です。
このたび、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、貸付の対象世帯を低所得世帯以外に拡大し、休業や失業等により生活資金でお悩みの方々に向けた緊急小口資金等の特例貸付を実施することとなりました。富良野市民の皆様につきましては、富良野市社会福祉協議会にて相談・申し込みの受付を行っています。
 
【申込締切】
〇緊急小口資金:令和3年11月末まで延長となりました
〇総合支援資金(初回、再貸付):令和3年11月末まで延長となりました

※申込みの際は、必ず事前にお電話にてご連絡ください。

 

住居確保給付金について

住居確保給付金のご案内(支給期間が延長されます)

住居確保給付金は、離職などにより住居を失った方、または失うおそれの高い方で、就職にむけた活動をするなどを条件に、一定期間、家賃相当額(上限あり)を自治体から家主に支給する制度です。
令和2年4月20日から対象者が拡がり、離職・廃業から2年以内の方に加え、休業等により収入が減少し、離職等と同程度の状況にある方も対象となりました。
※資産収入等に関する要件を満たしている方、求職活動を行う方が対象です。
 
私たち社会福祉法人富良野市社会福祉協議会はみなさま一人ひとりに向き合い、つねに求められるよきパートナーとして地域や社会に貢献してまいります。このホームページから「業務に関すること」や「知りたい情報」など、みなさまのお役に立てるタイムリーな情報をお届けします。
※現在、ホームページをリニューアル中です。
情報が少なく大変申し訳ございません。
随時、情報を追加・更新していきますので、よろしくお願いいたします。
社会福祉法人
富良野市社会福祉協議会
〒076-0057
北海道富良野市住吉町1-28
TEL.0167-39-2215
FAX.0167-39-2216
 
2021年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る