本文へ移動

富良野市共同募金委員会

富良野市共同募金委員会について

共同募金って?


赤い羽根をシンボルとする共同募金は、戦後間もない昭和22(1947)年「国民たすけあい運動」として始まりました。
「困ったときはお互いさま」の気持ちから始まった活動は、70年以上経った今も続いています。

共同募金は、誰もが住み慣れた町でいつまでも安心して暮らすことができるよう、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む住民活動を応援する、「じぶんの町を良くするしくみ。」として取り組まれています。

いつ、どこで募金できるの?

共同募金は、①赤い羽根共同募金 と ②歳末たすけあい募金 の2種類があります。

①赤い羽根共同募金 毎年10月1日~12月31日
・街頭募金 ・戸別募金 ・法人募金
・その他(窓口募金、学校募金、一円募金、個人からの募金など)

②歳末たすけあい募金 毎年12月月1日~31日
支援を必要とする人が明るく安心して新しい年を迎えることができるよう、各家庭から寄付していただく募金

※上記の期間以外にも、募金は随時受け付けております。
 市内のお店のレジ横や銀行の窓口まどに設置している「窓口募金」は通年で設置しております。

募金は何に使われているの?

富良野市の皆さまにご協力いただいた募金は、市内の子どもたちや高齢者、障がいのある方などを支援する様々な福祉活動に役立てられています。

①赤い羽根共同募金
・安全杖交付事業(足腰が不自由な方へ1本無料でお渡し)
・託老事業(見守りが必要な高齢者の集いの場のために)
・広報発行事業(社協だよりを年4回発行)
・独居高齢者ふれあいの集い事業
(一人暮らし高齢者と小学生の交流による孤立予防のために)
・年末年越し事業(ひとり親世帯の明るい年越しのために)
・ボランティア活動事業(ボランティアの資質向上のために)
・敬老会事業(75歳になられた方へ祝い品を贈呈)
・地域福祉活動推進事業(山部東山地区の福祉活動費として)

②歳末たすけあい募金
・ひとり親世帯へ
・寝たきりの高齢者や重度障がい者を家で介護している方へ
・富良野市出身の施設入所児童へ
・市内福祉施設へ


社会福祉法人
富良野市社会福祉協議会
〒076-0057
北海道富良野市住吉町1-28
TEL.0167-39-2215
FAX.0167-39-2216
 
2022年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る